BBクリームって使い方は簡単だけど…アテニアのBBクリームは弱点を克服した?

001.jpg

アテニアBBクリームは、新しくなって画期的な「隠しピンク設計」という効果が加えられています。

今までのBBクリームってオールインワンで使い方としては便利だけど、その仕上がりについては、不満が多いのも事実でした。

その原因は、厚塗り感…というか、とっても「塗った感」があり、それでいて、顔色が決して良く見えないというものです。
人によっては、黄くすみが出たりや土っぽい仕上がりになる…こんな理由で、BBクリームを使わない人がたくさんいたと思います。
「顔色が決して良くない仕上がり」が最大の理由でもありました。

BBクリームの使い方は、もともと気になる所をカバーするという使い方なのでどうしても、厚塗り感が出てしまうことと、顔色が悪く見えがちになることがついて回ります。

新しいアテニアBBクリームが画期的なところは、これら今までのBBクリームの欠点を克服したことなのです。
それは、いままでのBBクリームのカバーするという特性はそのままに、仕上がりで「血色感」を感じられるという「隠しピンク設計」効果をプラスしたことです。でも使い方は以前と同じです。

「隠しピンク設計」のしくみは、BBクリームを塗ると、バラの花弁のようなピンク色のパウダーが幾重にも重なる事で、お肌の上でピンク色の光が乱反射する仕組みです。
そして血色よく、しかも華やかにメイクが仕上がるのです。

今まではどうしても「隠す=覆う」という考え方がBBクリームの基本でしたが、覆い隠すのではなく、顔色自体を良く華やかに見せる…
この新しい仕組みと考え方を取り入れたということがまた画期的です。

この効果は、試す価値ありです!

>>「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム<<




アテニアBBクリームの使い方、まずは塗り方のおさらい

アテニアのBBクリームはいいのだけど、
BBクリームの使い方だと、テカリが気になるんじゃないの?と思う方多いと思います。
もとが脂性肌だからちょっとBBクリームは…と言う方もいるでしょう。

実は、アテニアBBクリームはテカリを抑える使い方があるのです。

BBクリームやリキッドタイプはテカリが出やすい…と思われています。
確かにその傾向はあるのですが、うるおい感やツヤ感は欲しいですよね。

そんなとき、テカリをださないメイクの最大のポイントは、
BBクリームをぬり過ぎない←これです。

私はそんな塗りすぎることはないけどなぁ…と思われるかもしれません。
しかし、アテニアもそうですが、多くのメーカーのBBクリームには、
UVカット効果があります。
日差しが強い季節に限らず、最近では冬場でもUVカット効果が必要だと
言われています。そんな傾向があると、無意識についつい塗りすぎるのです。

皆さん、そういえば…と心当たりありませんか?

アテニアのBBクリームなら、よくのびると評判です。
もちろんのびがいいと、厚塗りしにくくなりますよ。

あなたもいかがですか?

>>「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム<<